はんぺんの材料

お魚と山芋が主な材料です。お魚は、白身魚の中でもふんわり仕上がるサメが古くから使われています。山芋としては大和芋が多いようです。

はんぺんの作り方

魚を細かく刻み塩を加えてすり鉢ですりつぶし、同じようにすった山芋と卵白などを加え練り合わせます。これを型にとって成型してから、お湯でゆで上げます。ゆで過ぎると表面の気泡がこわれてお湯がしみ込んでしまうし、加熱が足りないとナマになってしまうので、ゆで方はけっこう難しいようです。

はんぺんの語源

いろいろな説があります。
例えば「駿河の半平という人が作ったから」、「お椀の蓋にすり身をつめて作ったものが、はんぶん平らであること」など諸説あります。